忍者ブログ
もしも大学第5期特待生として学んだことを在宅ワークとして収入に結び付くよう試行錯誤しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この「ママと在宅ワーク ドロップシッピング編」はびっくりするくらいアクセスが少ないんですけれど、めげずに頑張って更新しています。
日々更新すること、続けることがドロップシッピングやアフィリエイトで成功する秘訣。
成功者のブログなどを見ると皆さん見事にそう書いておられます。

私もそれは思いますし、いつも自分に言い聞かせるようにこのブログでも「継続は力なり」と書き続けています。
地味な仕事ですが、コツコツと諦めずに続けること、毎日の積み重ねこそが後にパワーを発揮すると信じています。
私はまだそのときではないのだな、、、と思いながら、いまだ試行錯誤しているのです。

さて、最近は もしもアフィリエイト に力を入れているのですが、アフィリエイトするためにはやはりブログの内容が重要だと考えるようになりまして、アフィリエイトブログは儲けることが目的ですから、日記的なこと、自分の日常にあったことを書く必要はなかったのだと、今さらながらに気づきました。
ブログのアクセスアップについてもいろいろ調べたりしているのですが、やはりコンテンツの充実、人のためになる記事を毎日更新し続けることがブログのアクセスアップにつながる一番大切なことのようです。
ブログはそもそも日記のようなもので、自分が書きたいことを書けばいいわけですが、アフィリエイトブログとなるとそういうことではいけません。
アフィリエイトリンクを張ったら、ブログの訪問者にクリックしてもらって、商品などを買ってもらう、そして儲けることが最終目的なんですから、日記なんて書いていては訪問者=お客さんに失礼なわけです。

だから、ブログに来ていただいた方にできるだけためになるような情報を持ち帰ってもらって、その見返りとして、アフィリエイトリンクをクリックしていただいて、商品購入までしていただけるともう、理想的です。
双方が幸せになります(*^_^*)

ただいま1からブログをつくってアクセスアップの効果実践中です。
日々アクセスがふえていくから、記事をを書き甲斐がありますし、アクセス解析で目に見えるのがおもしろいです。
アフィリエイトの成果はまだそんなに、、、ですが、ブログを書くことに楽しみを感じることができるようになったてきたことはこれからの強みに変わるかもしれません。

がんばろー。

**********************

主婦の副業にオススメします!
もしもドロップシッピング - 誰でも無料でネットショップ開業 副業にも



にほんブログ村 アフィリエイト
にほんブログ村 ドロップシッピング

にほんブログ村
トラコミュ
お家でも ばっちり副業
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ゆり
性別:
女性
自己紹介:
2008年8月ドロップシッピングとの運命的な出会い、9月からもしも大学でドロップシッピングのノウハウを学んで今は教えてもらったことを無駄にしないようにあれこれ試行錯誤の毎日です。目指すは月100万!本当に稼げるドロップシッパーになりたい!そう念じて突き進んでいます。
主婦の副業にピッタリなもしもドロップシッピングを始めてみませんか?








にほんブログ村 トラコミュ お家でも ばっちり副業へ
お家でも ばっちり副業

にほんブログ村 トラコミュ 主婦のお小遣い稼ぎへ
主婦のお小遣い稼ぎ

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ
にほんブログ村
もしもドロップシッピング
ネットショップをしてみたい…そんな夢も簡単に叶います!もしもドロップシッピングなら、在庫を持たなくていいから気軽にネットショップを始められます。
主婦の副業にもピッタリ!
もしもドロップシッピングショップオーナーブログ紹介にて「ママと在宅ワークドロップシッピング編」ご紹介いただいてます。
もしもドロップシッピング

最新コメント
[01/21 福男]
[11/13 ゆり]
[11/13 やはぎ]
[01/19 ゆり]
[01/18 市川陽子]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]